勤労感謝の日


11月23日は勤労感謝の日。
「国民が勤労を尊び、生産を祝い、互いに感謝し合う日」として昭和23年に定められた日です。
この、勤労感謝の日にちなみ、幼稚園でも身近で働く方々に感謝の気持ちをお伝えし、働くことの意味を考えました。

☆年少組
年少組では、いちばん身近に働く事務室の先生、ホームクラスの先生、ピッコロクラブの先生をお招きして、歌のプレゼントや、インタビューをしました。

1024_CIMG0741
1024_CIMG0748

好きな食べ物は?好きなお菓子は?好きな動物は?色々なことをインタビューしました。

1024_CIMG0750
1024_CIMG0751

一緒にかまきりじいさんをおどったり、楽しいひとときでした。 最後にフォトフレームをプレゼントしましたよ。
いつもやさしくしてくれて、ありがとう!

 

☆年中組
年中組ではスクールバスの運転手のおじさん、バス添乗の先生を招待してありがとうの会を開きました。
また、近所でお世話になっている方々にもありがとうの気持ちを伝えてきました。

1024_DSCN1639
1024_DSCN1640

お仕事をしていて大変なことは何ですか?「朝、早起きするのが大変です」 朝早くみんなをお迎えに行くために、運転手さんはがんばって早起きしているのですね! いつも安全運転ありがとうございます!

1024_P1130139
1024_P1130137

ゼビオキッズパークの方、つばさ福祉会の方など、いつもあたたかく見守ってくれてありがとうございます。

 

☆年長組
年長組では消防士さん、おまわりさん、看護師さん、電気工事士さんをお招きし、感謝の会を開き、歌のプレゼントをしたり、いろいろなお話をうかがいました。

1024_DSCN1635
1024_DSCN1651

「パトカーは普通の車とは違うの?」「消防車にはどうしてハシゴが付いてるの?」「どうやって薬の種類を覚えてるの?」「電気の道具は何を使うの?」普段、あまり聞くことのできないお話に興味津々の様子の子どもたち。

1024_DSCN1653
1024_DSCN1661

最後に、お手紙とシクラメンのプレゼントをしました。
身近で働く人に目を向け、実際に働く様子を見たり、聞いたりして、『働く』ことの意味を考えました。
1024_CIMG0660

いつも私たちのためにお仕事をがんばってくれて、ありがとうざいます!