年長組が陶芸を体験しました。


年長組では、子どもたちがより多くの人や物と関わり、様々な体験を通し、感じ、学べるよう、様々な体験活動に取り組みます。
今回は桑折町に陶房を構える桃山房窯・鈴木徹さんを講師に、陶芸を体験しました。
冷たい・・・柔らかい・・・べたべた・・・ぬるぬる・・・土の感触を楽しみながら『ものづくり』を味わいました。

1024_DSCN1563
1024_DSCN1578
1024_DSCN1559
1024_DSCN1588
1024_DSCN1587
1024_DSCN1585

どんな風に焼きあがるのでしょうか・・・
楽しみですね☆